屋上防水改修工事の下地処理で目を向けるべきポイント

屋上防水改修工事の下地処理
先頭に固定表示


屋上防水改修工事の際に欠かせない
ポイントと言えば、下地処理です。
下地処理の仕方次第で、改修後の屋上防水の
状態や効果に大きな影響を与えてしまいます。
改修工事の場合は下地の状態が大きな
カギを握りますので、特に重要だという事を
把握するようにしましょう。
屋上防水改修工事の下地処理のポイントについて、
まとめてみました。

  • 下地の凹凸処理
  • 既存屋上防水にフクレなどの凹凸があると、
    その上から新規防水層を施工した際に
    十分な接着力を得る事が出来なくなってしまい、
    防水効果を半減させてしまいます。
    既存の下地は、凹凸が無く平滑な状態に
    しなければいけません。
    フクレなどはカッターで切れ目を入れて平滑にし、
    欠損がある場合は防水モルタルや防水材により平滑にします。

  • 躯体にクラックが入っている場合
  • ヘアクラックであれば問題ありませんが、
    名刺が挟まる位のクラックの溝幅の場合は
    修繕が必要となります。
    放置しておくと新規防水層を破断させ、
    雨漏りへとつなげてしまうので大変危険です。
    クラックはVカット若しくはUカットで綺麗にした上に、
    コーキングを充填し防水効果を高めます。

  • 躯体上のモルタルが浮いている場合
  • 屋上床躯体の上にモルタル塗布を行っている場合、
    何らかの影響で躯体と密着せずに浮いてしまっている事があります。
    躯体からモルタルが浮いている上に新規防水を行うと、
    モルタルが浮いたりクラックを発生させる際の力が
    新規防水層に伝わってしまい、
    防水層が破断してしまう事があります。
    モルタルの浮きはエポキシ樹脂を充填し、
    モルタルと躯体との接着を高めて強固にしましょう。

  • ドレン廻りの下地処理
  • ドレン廻りは不具合が起きやすい部位であり、
    雨漏りに直結してしまう厄介な部位でもあります。
    ドレン廻りの既存防水に不具合がある場合は、
    フクレなどの不具合を綺麗にメンテナンスを行います。
    フクレはカッターを入れて平らにし、
    凹凸は防水モルタルや防水材で平らにします。
    ドレン廻りの既存防水の劣化が著しく酷い場合は、
    既存ドレンの上にかぶせる改修用ドレンを用いて
    雨漏りしにくいドレン廻りにする事をオススメします。
これらのような細かい既存防水層への下地処理は、
業者や職人さんの腕や知識の見せ所と言えます。
綺麗な下地処理を行う事が出来る業者は、
屋上防水の改修工事をスムーズに的確に行ってくれる業者です。
下地なんか関係ない、出来上がりだけが綺麗であれば防水層は大丈夫、
なんていう業者には屋上防水改修工事を依頼しては絶対にいけません。
防水工事 価格」で探すとピンからキリまで出てきますが、
安かろう悪かろうではいけません。
屋上防水は信頼できる専門業者に依頼しましょう。

メンテナンス期間を大幅に超えてしまったら

メンテナンス期間
標準

問題なのは、このメンテナンス期間を
大幅に超えてしまう事です。

15年や20年等、費用等の問題によって
のびのびになってしまう建物も少なくありません。

メンテナンスタイミングを逃しても
一見何でもないように思えるかもしれませんが、
防水工事のタイミングを超えてしまうと
建物に大きな被害が既に起きている場合があります。

安易に防水工事の時期を間違えてしまう事で、
建物に大きな影響を与えてしまいます。

建物に影響を受けてしまい困るのは、
建物の持ち主、つまりお客様です。

ご自分でご自分の建物を劣化へと導いている
証拠となってしまいますので、良い事とはいえません。

防水工事というのは大きな費用がかかってしまいますが、
その大きな費用によりしっかりとした建物を維持する
事へと繋げる事が出来ます。

一生物の大きなお買い物で得た建物をダメにしてしまうのは、
お客様の捉え方次第と言えます。

適した時期とタイミングで防水工事を行って、
住みやすい建物をキープしていきましょう。

屋上防水を行う適正な時期とは

屋上防水
標準

屋上防水はお客様に見えにくい部位ですので、
なかなか状態が把握できなく不安という方もいらっしゃります。

その為、屋上防水のメンテナンス時期の目安が
知りたいというお客様も、多くいらっしゃいます。

目安の時期さえ把握しておけば、適切なメンテナンスに
繋げる事が出来ますので、安心出来ますよね。

防水工事の時期といえば、およそ10年位が目安と言われています。

分譲マンションの屋上防水のタイミングといえば、
10~12年の間に行っている所が多くあります。
一般の建物も、10~12年を目安に行うと良いでしょう。

もちろん、その前に不具合など気になる場合は、
業者に点検を行ってもらった後に早めの補修と
なってしまう事もあります。

不具合を感じなければ、通常のメンテナンスタイミングで
捉えてOKとなります。

予算を業者に伝える

予算を業者に伝える
標準

屋上防水工事をお金を掛けずに行う為には、
予算を業者に伝える事が第一です。

あとは、工事を行うタイミングさえ間違わなければ、
少ない予算で防水工事を行う事が可能となります。

防水工事というのは、文字通り水を防ぐ部位です。

放置したままで水の被害が建物に浸透してしまうと、
厄介な状態となってしまい補修費用もどんどん
膨れ上がって高上りになってしまいます。

建物への工事というのは1つ1つがお安くはありませんが、
不具合状態を放置しておく事でその1つ1つが大きく
膨れ上がって重篤な状態となってしまいます。

建物に対して大事な事は、末永く建物を使っていく事です。

50年70年と建物が持つように、細かい点検と補修で
お得に長く建物を使っていくようにしましょう。

その為には、お安く最適な防水工事を
行うというのは大きな影響を与えます。

相見積もりを取る

相見積もりを取る
標準

防水工事というのは素人さんに見積もり金額の
相場がわかりにくいので、相見積もりを取る事で
世間の防水工事の相場が把握しやすくなります。

もちろん、相見積もりを取る業者というのは
専門業者じゃなければいけません。

訪問販売など明らかに信用出来ない業者から
相見積もりを取っても、全く意味がありません。

相見積もりを取って確認する事で、
お宅の防水工事の相場を掴むことが
出来理解もしやすくなります。

この際、金額が高い業者とお安い業者が
出てくる事があります。

お安い業者の方に目が行きがちですが、
間違ってもお安い見積書の業者が正論という
訳ではないので、勘違いをしないようにしましょう。

屋上防水工事を行う時期を限定しない

屋上防水工事を行う時期
標準

屋上はお客様にしてみたら使う場所でもないのですが、
なぜか工事をする期間を限定してくるお客様がいます。

工事をする時期を細かく限定してしまうと、
業者の都合もありますので場合によっては
高上りになってしまう事もあります。

施工タイミングは業者とヒザを合わせて相談をし、
互いに都合のいいタイミングに工事を
お願いするようにすると良いでしょう。

目いっぱい屋上防水を劣化させてから工事を行ってはいけない

屋上防水を劣化
標準

屋上防水を目いっぱい劣化させてから
防水工事を行おうとするお宅がありますが、
目いっぱい劣化してから防水工事を行おうとすると、
防水工事以外の部分の劣化の補修も必要となってしまいます。

余計な劣化が少ないうちに防水工事を行うと、
必要最低限の工事のみで済みます。

防水工事というのは、その段階で
補修等を行う事が鉄則となります。

放置しておけばしておくほど工事金額というのは
上がってしまい、1度劣化してしまった部分は
その後も劣化しやすくなってしまいますので、
常に費用が掛かりやすい建物となってしまいます。

長く費用を掛けないでおきたいのはやまやまですが、
それでは建物がモロくなってしまいます。

1番安い工法が必ずしも最終的にお得になるとは限らない

1番安い工法
標準

防水工事をお安く済ませる為に、
1番お安い工法を希望するお客様がいらっしゃいます。

しかし、屋上防水工事というのは屋上の環境と
防水工法が合致していなければ、せっかくの
防水工事も数年で劣化してしまう事があります。

たった数年で劣化してしまうと、その都度補修に
費用が掛かってしまいますので、お安く済ませた
意味が全くなくなってしまいます。

最低でも10年は持つ防水層を作らなくてはいけませんので、
建物の屋上環境に似合った防水工法で防水工事を行わなければいけません。

また、あまりにも安すぎる防水工事の場合は、
施工の手抜きによる安価な工事費という場合も
ありますので、注意が必要です。

過剰な値引きも手抜きをされる可能性がありますので、
絶対に行う事はオススメ出来ません。

安さも重要ですが、しっかりとした防水層を作る事が
1番の目的という事を、忘れないようにしましょう。

屋上防水工事の際に費用をお安くお得に済ませる方法

屋上防水工事の費用
標準

屋上防水工事というのは素人さんには
わかりにくい工事であるがために、
どれ位の費用がかかってしまうのかと
不安になってしまう方も少なく無いと思います。

目に付きにくい部位の工事ですので、
出来ればお安い工事費で済ませたいと
思う方も多いのではないでしょうか。
そこで、屋上防水工事の費用を
安く抑える為のポイントをご紹介致します。


・ご自分が出せる予算をきちんと伝える

業者にしてみれば万度な防水工事をしたいので、
1番理想な防水工事を想定し、かかる全ての
費用を計上して見積もりを作ってきます。

事前にご自分が出せる予算を報告する事で、
業者の方でかかる費用を駆使して予算内で
工事が済むように考えて工事を計画し見積もりを作ってくれます。

出せる費用ははっきりと伝え、ご自分の都合に合わせた
防水工事にしてもらいましょう。

あまりにも予算の数字と現実の数字がかみ合わない場合は
業者の方から助言がありますので、そこで相談をして
どのような工法と金額がふさわしいのかを決めましょう。

鉄筋コンクリート造の建物の屋上には何故防水工事が必要なのか

鉄筋コンクリート造の建物
標準


屋上防水を行う建物の殆どが、
鉄筋コンクリート造の建物です。

何故、鉄筋コンクリート造の建物の屋上には、
防水工事が必要なのでしょうか。

それは、鉄筋コンクリート独特の素材による影響があります。

鉄筋コンクリートは、水分蒸発の為に
乾燥伸縮を繰り返す素材です。

乾燥収縮を繰り返す事で起きてしまう事といえば、
クラックを生じてしまう事です。

コンクリートはクラック発生を避ける事が
出来ない素材であり、必ずと言っていいほど
漏水を発生させてしまう素材なのです。

漏水を発生させないために鉄筋コンクリート造を
守って効果を発揮してくれるのが、防水です。

鉄筋コンクリートの漏水による影響を与えてしまう
致命的な問題は、この2つが挙げられます。

  • 雨漏りを引き起こす
  • 鉄筋コンクリートにクラックが入る事で、
    建物内部に雨水を浸透させてしまい
    雨漏りを引き起こしてしまいます。
    鉄筋コンクリート造の躯体からの雨漏りは
    非常に多く、内壁や天井などに雨染みとして
    発生させてしまいます。
    建物内部が水分の影響で侵され、
    鉄筋コンクリート造は呼吸しにくい素材ですので、
    カビなど劣悪な状態環境状態にしてしまい
    アレルギーなどを引き起こしてしまいます。

  • 鉄筋コンクリートの構造体に大きな影響を与えてしまう。
  • 鉄筋コンクリートに致命的な影響を与えてしまうのは、
    鉄筋コンクリートの中にある鉄筋への影響です。
    鉄筋コンクリートという素材は、
    文字通り鉄筋とコンクリートの2つの素材により
    強固な素材を作っております。
    この2つの素材には特徴があり、
    鉄筋が引っ張り力、コンクリートが圧縮力に
    非常に富んでいます。
    素材の強さは全く真逆の物であり、
    2つの素材の相乗効果する事でより強い素材としています。
    逆に言うと、2つの内1つが欠けてしまうと
    大変もろく役に立たない素材と変化してしまいます。
    鉄筋は鋼製ですので、水に弱くサビやすい素材です。
    鉄筋コンクリートのクラックにより
    雨水が浸透してしまうと、鉄筋にも浸透してしまい
    サビを発生させてしまいます。
    漏水する事で鉄筋の耐久性が衰えてしまい、
    鉄筋コンクリート造としての耐久性が著しく衰えてしまいます。

この2つの大きな影響を建物に与えてしまわないよう、
屋上防水に1枚の膜を張って建物を守ってくれるのが屋上防水です。

屋上防水を行わないと、建物の寿命は短くなってしまいます。

鉄筋コンクリート造を長持ちさせる為には、
屋上防水が大きなカギを握っているという事となります。

鉄筋コンクリート造には、屋上防水がとても大事です。

きちんとした防水状態を保ち、
強くて快適な鉄筋コンクリート造を維持させましょう。

非露出防水なのに何故防水層が劣化してしまう事があるのか

非露出防水なのに防水層が劣化
標準

非露出防水は、防水層を保護層で覆う事で
防水層を露出させない防水工法です。

保護層でしっかり保護している防水層なのに、
全く劣化しないという訳ではありません。

保護層で覆っているのに、
何故劣化してしまうのでしょうか。

露出している一般的な防水層が劣化する原因は、
紫外線等の太陽光や雨などの外的刺激により
劣化してしまいます。

太陽光等の外的刺激による影響は
保護層が守っているのでないはずなのですが、
残念ながら劣化は避ける事が出来ません。

どのような影響が非露出防水に
影響を与えているのか、
これらの3つの影響が挙げられます。

  • 保護層に発生するクラックから紫外線
  • 保護層はモルタルが殆どであり、
    モルタルは乾燥する事で収縮してしまうので
    クラックが発生してしまいます。
    モルタルにクラックが発生してしまう理由は、
    モルタル特有の水分蒸発による乾燥収縮であり、
    職人さんの手抜きではありません。
    クラックが保護層のモルタルの中まで貫通してしまうと、
    そこから紫外線が入り込んでしまい
    防水層の劣化へと導いてしまいます。

  • 保護層に発生するクラックから雨水侵入
  • 保護層に発生したクラックから雨水が
    防水層に浸透してしまうと、
    雨水の成分が防水層に影響を与えてしまい
    劣化へとつなげてしまいます。
    雨水と保護層のモルタル成分が溶け込むと、
    強いアルカリ性の水に変わってしまいます。
    アスファルト防水は強いアルカリ性の水でも
    影響がありませんが、シート防水や塗膜防水は
    強いアルカリ性の水に弱い傾向があるので、
    防水層の劣化へと導いてしまう事があります。

  • 保護層モルタルの動き
  • 保護層はモルタルが多く、鉄筋が入っていないので
    経年劣化によりヒビが入り、モルタルが断裂してしまい
    動きを生じてしまいます。
    モルタルが動く事で、防水層にも傷をつけてしまう
    劣化へとつなげてしまいます。

このようなモルタル保護層の不具合の影響を
防水層に与えないようにする為には、
モルタル保護層の下地にポリエチレンフィルムを
敷く事で防水層の劣化防止へと導く事が出来ます。

ポリエチレンフォルムとは、
室内や床下などに敷く透明のビニールシートです。

これを、床下に敷く重ね継ぎ手と同じ
ジョイントになるように敷き込み、
その上からモルタルを打設します。

防水層とその上の部分と縁切れをさせる事が出来るので、
非露出防水を長持ちさせる事が出来るようになります。

非露出防水であっても、防水の露出を防いでいる物に
不具合が起きてしまっては、非露出にはなりません。

非露出防水を行う場合は、業者に問い合わせをして
検討してみると良いでしょう。