屋上防水改修工事の下地処理で目を向けるべきポイント

先頭に固定表示


屋上防水改修工事の際に欠かせない
ポイントと言えば、下地処理です。
下地処理の仕方次第で、改修後の屋上防水の
状態や効果に大きな影響を与えてしまいます。
改修工事の場合は下地の状態が大きな
カギを握りますので、特に重要だという事を
把握するようにしましょう。
屋上防水改修工事の下地処理のポイントについて、
まとめてみました。

  • 下地の凹凸処理
  • 既存屋上防水にフクレなどの凹凸があると、
    その上から新規防水層を施工した際に
    十分な接着力を得る事が出来なくなってしまい、
    防水効果を半減させてしまいます。
    既存の下地は、凹凸が無く平滑な状態に
    しなければいけません。
    フクレなどはカッターで切れ目を入れて平滑にし、
    欠損がある場合は防水モルタルや防水材により平滑にします。

  • 躯体にクラックが入っている場合
  • ヘアクラックであれば問題ありませんが、
    名刺が挟まる位のクラックの溝幅の場合は
    修繕が必要となります。
    放置しておくと新規防水層を破断させ、
    雨漏りへとつなげてしまうので大変危険です。
    クラックはVカット若しくはUカットで綺麗にした上に、
    コーキングを充填し防水効果を高めます。

  • 躯体上のモルタルが浮いている場合
  • 屋上床躯体の上にモルタル塗布を行っている場合、
    何らかの影響で躯体と密着せずに浮いてしまっている事があります。
    躯体からモルタルが浮いている上に新規防水を行うと、
    モルタルが浮いたりクラックを発生させる際の力が
    新規防水層に伝わってしまい、
    防水層が破断してしまう事があります。
    モルタルの浮きはエポキシ樹脂を充填し、
    モルタルと躯体との接着を高めて強固にしましょう。

  • ドレン廻りの下地処理
  • ドレン廻りは不具合が起きやすい部位であり、
    雨漏りに直結してしまう厄介な部位でもあります。
    ドレン廻りの既存防水に不具合がある場合は、
    フクレなどの不具合を綺麗にメンテナンスを行います。
    フクレはカッターを入れて平らにし、
    凹凸は防水モルタルや防水材で平らにします。
    ドレン廻りの既存防水の劣化が著しく酷い場合は、
    既存ドレンの上にかぶせる改修用ドレンを用いて
    雨漏りしにくいドレン廻りにする事をオススメします。
これらのような細かい既存防水層への下地処理は、
業者や職人さんの腕や知識の見せ所と言えます。
綺麗な下地処理を行う事が出来る業者は、
屋上防水の改修工事をスムーズに的確に行ってくれる業者です。
下地なんか関係ない、出来上がりだけが綺麗であれば防水層は大丈夫、
なんていう業者には屋上防水改修工事を依頼しては絶対にいけません。
防水工事 価格」で探すとピンからキリまで出てきますが、
安かろう悪かろうではいけません。
屋上防水は信頼できる専門業者に依頼しましょう。

目いっぱい屋上防水を劣化させてから工事を行ってはいけない

標準

屋上防水を目いっぱい劣化させてから
防水工事を行おうとするお宅がありますが、
目いっぱい劣化してから防水工事を行おうとすると、
防水工事以外の部分の劣化の補修も必要となってしまいます。

余計な劣化が少ないうちに防水工事を行うと、
必要最低限の工事のみで済みます。

防水工事というのは、その段階で
補修等を行う事が鉄則となります。

放置しておけばしておくほど工事金額というのは
上がってしまい、1度劣化してしまった部分は
その後も劣化しやすくなってしまいますので、
常に費用が掛かりやすい建物となってしまいます。

長く費用を掛けないでおきたいのはやまやまですが、
それでは建物がモロくなってしまいます。

1番安い工法が必ずしも最終的にお得になるとは限らない

標準

防水工事をお安く済ませる為に、
1番お安い工法を希望するお客様がいらっしゃいます。

しかし、屋上防水工事というのは屋上の環境と
防水工法が合致していなければ、せっかくの
防水工事も数年で劣化してしまう事があります。

たった数年で劣化してしまうと、その都度補修に
費用が掛かってしまいますので、お安く済ませた
意味が全くなくなってしまいます。

最低でも10年は持つ防水層を作らなくてはいけませんので、
建物の屋上環境に似合った防水工法で防水工事を行わなければいけません。

また、あまりにも安すぎる防水工事の場合は、
施工の手抜きによる安価な工事費という場合も
ありますので、注意が必要です。

過剰な値引きも手抜きをされる可能性がありますので、
絶対に行う事はオススメ出来ません。

安さも重要ですが、しっかりとした防水層を作る事が
1番の目的という事を、忘れないようにしましょう。

屋上防水工事の際に費用をお安くお得に済ませる方法

標準

屋上防水工事というのは素人さんには
わかりにくい工事であるがために、
どれ位の費用がかかってしまうのかと
不安になってしまう方も少なく無いと思います。

目に付きにくい部位の工事ですので、
出来ればお安い工事費で済ませたいと
思う方も多いのではないでしょうか。
そこで、屋上防水工事の費用を
安く抑える為のポイントをご紹介致します。


・ご自分が出せる予算をきちんと伝える

業者にしてみれば万度な防水工事をしたいので、
1番理想な防水工事を想定し、かかる全ての
費用を計上して見積もりを作ってきます。

事前にご自分が出せる予算を報告する事で、
業者の方でかかる費用を駆使して予算内で
工事が済むように考えて工事を計画し見積もりを作ってくれます。

出せる費用ははっきりと伝え、ご自分の都合に合わせた
防水工事にしてもらいましょう。

あまりにも予算の数字と現実の数字がかみ合わない場合は
業者の方から助言がありますので、そこで相談をして
どのような工法と金額がふさわしいのかを決めましょう。

鉄筋コンクリート造の建物の屋上には何故防水工事が必要なのか

標準


屋上防水を行う建物の殆どが、
鉄筋コンクリート造の建物です。

何故、鉄筋コンクリート造の建物の屋上には、
防水工事が必要なのでしょうか。

それは、鉄筋コンクリート独特の素材による影響があります。

鉄筋コンクリートは、水分蒸発の為に
乾燥伸縮を繰り返す素材です。

乾燥収縮を繰り返す事で起きてしまう事といえば、
クラックを生じてしまう事です。

コンクリートはクラック発生を避ける事が
出来ない素材であり、必ずと言っていいほど
漏水を発生させてしまう素材なのです。

漏水を発生させないために鉄筋コンクリート造を
守って効果を発揮してくれるのが、防水です。

鉄筋コンクリートの漏水による影響を与えてしまう
致命的な問題は、この2つが挙げられます。

  • 雨漏りを引き起こす
  • 鉄筋コンクリートにクラックが入る事で、
    建物内部に雨水を浸透させてしまい
    雨漏りを引き起こしてしまいます。
    鉄筋コンクリート造の躯体からの雨漏りは
    非常に多く、内壁や天井などに雨染みとして
    発生させてしまいます。
    建物内部が水分の影響で侵され、
    鉄筋コンクリート造は呼吸しにくい素材ですので、
    カビなど劣悪な状態環境状態にしてしまい
    アレルギーなどを引き起こしてしまいます。

  • 鉄筋コンクリートの構造体に大きな影響を与えてしまう。
  • 鉄筋コンクリートに致命的な影響を与えてしまうのは、
    鉄筋コンクリートの中にある鉄筋への影響です。
    鉄筋コンクリートという素材は、
    文字通り鉄筋とコンクリートの2つの素材により
    強固な素材を作っております。
    この2つの素材には特徴があり、
    鉄筋が引っ張り力、コンクリートが圧縮力に
    非常に富んでいます。
    素材の強さは全く真逆の物であり、
    2つの素材の相乗効果する事でより強い素材としています。
    逆に言うと、2つの内1つが欠けてしまうと
    大変もろく役に立たない素材と変化してしまいます。
    鉄筋は鋼製ですので、水に弱くサビやすい素材です。
    鉄筋コンクリートのクラックにより
    雨水が浸透してしまうと、鉄筋にも浸透してしまい
    サビを発生させてしまいます。
    漏水する事で鉄筋の耐久性が衰えてしまい、
    鉄筋コンクリート造としての耐久性が著しく衰えてしまいます。

この2つの大きな影響を建物に与えてしまわないよう、
屋上防水に1枚の膜を張って建物を守ってくれるのが屋上防水です。

屋上防水を行わないと、建物の寿命は短くなってしまいます。

鉄筋コンクリート造を長持ちさせる為には、
屋上防水が大きなカギを握っているという事となります。

鉄筋コンクリート造には、屋上防水がとても大事です。

きちんとした防水状態を保ち、
強くて快適な鉄筋コンクリート造を維持させましょう。

非露出防水なのに何故防水層が劣化してしまう事があるのか

標準

非露出防水は、防水層を保護層で覆う事で
防水層を露出させない防水工法です。

保護層でしっかり保護している防水層なのに、
全く劣化しないという訳ではありません。

保護層で覆っているのに、
何故劣化してしまうのでしょうか。

露出している一般的な防水層が劣化する原因は、
紫外線等の太陽光や雨などの外的刺激により
劣化してしまいます。

太陽光等の外的刺激による影響は
保護層が守っているのでないはずなのですが、
残念ながら劣化は避ける事が出来ません。

どのような影響が非露出防水に
影響を与えているのか、
これらの3つの影響が挙げられます。

  • 保護層に発生するクラックから紫外線
  • 保護層はモルタルが殆どであり、
    モルタルは乾燥する事で収縮してしまうので
    クラックが発生してしまいます。
    モルタルにクラックが発生してしまう理由は、
    モルタル特有の水分蒸発による乾燥収縮であり、
    職人さんの手抜きではありません。
    クラックが保護層のモルタルの中まで貫通してしまうと、
    そこから紫外線が入り込んでしまい
    防水層の劣化へと導いてしまいます。

  • 保護層に発生するクラックから雨水侵入
  • 保護層に発生したクラックから雨水が
    防水層に浸透してしまうと、
    雨水の成分が防水層に影響を与えてしまい
    劣化へとつなげてしまいます。
    雨水と保護層のモルタル成分が溶け込むと、
    強いアルカリ性の水に変わってしまいます。
    アスファルト防水は強いアルカリ性の水でも
    影響がありませんが、シート防水や塗膜防水は
    強いアルカリ性の水に弱い傾向があるので、
    防水層の劣化へと導いてしまう事があります。

  • 保護層モルタルの動き
  • 保護層はモルタルが多く、鉄筋が入っていないので
    経年劣化によりヒビが入り、モルタルが断裂してしまい
    動きを生じてしまいます。
    モルタルが動く事で、防水層にも傷をつけてしまう
    劣化へとつなげてしまいます。

このようなモルタル保護層の不具合の影響を
防水層に与えないようにする為には、
モルタル保護層の下地にポリエチレンフィルムを
敷く事で防水層の劣化防止へと導く事が出来ます。

ポリエチレンフォルムとは、
室内や床下などに敷く透明のビニールシートです。

これを、床下に敷く重ね継ぎ手と同じ
ジョイントになるように敷き込み、
その上からモルタルを打設します。

防水層とその上の部分と縁切れをさせる事が出来るので、
非露出防水を長持ちさせる事が出来るようになります。

非露出防水であっても、防水の露出を防いでいる物に
不具合が起きてしまっては、非露出にはなりません。

非露出防水を行う場合は、業者に問い合わせをして
検討してみると良いでしょう。

「かぶせ工法」のデメリットも知っておこう

標準

かぶせ工法による屋上防水改修工事は、
このようなデメリットもあります。

  • 耐震性が乏しくなってしまう
  • 防水層が2重になってしまうので、
    その分防水部分の荷重が重くなってしまいます。
    建物の頭が重くなってしまうのっで、
    耐震性が乏しくなってしまいます。

  • 更に雨漏りが起きてしまうと厄介
  • 防水層が2重になっているので、
    この状態で雨漏りが起きてしまうと
    とても厄介になってしまいます。
    防水層が厚いので、どこで雨漏りを
    起こしているのか把握できなくなってしまいます。
    その場合は、防水層の全てを取り除いて
    対処しなければいけません。

  • 次の防水改修工事は全面撤去で行わなければいけません。
  • 屋上防水改修工事に最適なかぶせ工法ですが、
    行う事が出来るのは1回のみです。
    更に重ねて防水工事を行ってしまうと、
    雨仕舞の点など様々な問題が発生してしまいます。
    次屋上防水改修工事を行う場合は、
    2槽とも全面撤去した上で新規防水を行わなければいけません。

屋上防水改修工事の際に雨仕舞の悪さを考えず
行う事が出来るかぶせ工法は、
屋上防水改修工事にとても適した工法です。

デメリットもありますが、快適な屋上防水改修工事に
してくれる事間違いありません。

マンションや商業ビルの屋上など、
不特定多数の方が使っている建物の場合は、
色んな方への周知徹底が難しい傾向があります。

かぶせ工法は、工事期間中の雨漏りの心配が無いので、
不特定多数の方がご利用する建物の防水工事に非常に適しています。


屋上防水改修工事に採用してほしい新たな工法「かぶせ工法」

標準

アスファルト防水に変わって、
屋上防水改修工事に採用される事が多くなってきたのが、
「かぶせ工法」という防水改修工事の方法です。

かぶせ工法は、屋上防水改修工事に
採用する事で様々なメリットを
発揮してくれる画期的な防水工法です。

かぶせ工法が屋上防水改修工事に
適している理由を、まとめてみました。

  • 工期短縮
  • 既存の防水層を残した上に行う防水工法ですので、
    既存防水層撤去の手間が無く工期短縮に繋げる事が出来ます。

  • 防水改修工事費のコストダウンに繋げる事が出来る
  • 既存防水層を撤去しないので、
    既存防水層にかかる様々な工事費の節約に繋がります。

  • 雨漏りを気にせず防水改修工事が可能
  • 既存防水層を残したまま屋上防水改修工事を行うので、
    既存防水層を剥がした際に起きてしまう雨漏りを起こす事がありません。

  • 雨漏りしにくい防水層を作る事が出来る
  • 既存の防水層の上に新規の防水層を重ねる工法なので、
    2重の防水層となります。
    そのため、雨漏りしにくい防水層とする事が出来ます。

かぶせ工法に採用出来る防水工法は、
塗膜防水(アクリルゴム系やウレタンゴム系)、
シート防水(塩化ビニル樹脂系、改質アスファルト系)があります。

以前は主流だった「アスファルト防水」

標準

屋上防水の改修工事は、
以前は既存の防水材を撤去した後に
アスファルト防水を施工する方法が主流でした。

そのため、屋上防水の改修工事といえば、
アスファルト防水ばかりを見かける事が定番でした。

しかし、近年は屋上防水改修工事に
アスファルト防水を採用される事は少なくなりました。

あんなに良く見かけたアスファルト防水の
屋上改修工事ですが、今は見受けられることが
めっきり少なくなってしまいました。

既存防水材を撤去してアスファルト防水を
行う従来の工法が屋上防水改修に採用されなく
なってきた理由は、これらが挙げられます。

  • アスファルト防水独特の異臭
  • アスファルト防水は、溶解したアスファストを使って
    防水層を作るので、溶解したアスファルトの
    独特の臭いを発してしまいます。
    溶解したアスファルトの臭いは、
    気になる方にはかなり苦痛な異臭となってしまいます。
    アスファルトの異臭により、
    ご近所から苦情を言われてしまうケースも少なくありません。

  • 既存防水材撤去時に騒音を発生する
  • 既存のアスファルト防水材を撤去する際、
    電動ピックなどを使うので大きな騒音を発してしまいます。
    日中響かせてしまう独特の騒音ですので、
    ご近所への対応など厄介になってしまいます。

  • 既存防水材撤去後に漏水の心配が出る
  • 既存防水材撤去後、新規のアスファルト防水を
    施工するまで雨が降ってしまうと、
    雨漏りを発生してしまう大きなリスクが伴ってしまいます。
    以前の屋上防水改修工事の際は、
    このタイミングでの雨漏りが様々な難題を生んでいました。

  • 既存防水材撤去の為廃材が多く発生する
  • 新規でアスファルト防水施工をする為には、
    既存のアスファルト防水を撤去しなければいけません。
    アスファルト防水はアスファルトルーフィングや
    アスファルトの塊などがあるので、
    産業廃棄物の処分量が多くなってしまいます。

    アスファルト防水は快適な防水工事と言われていますが、
    これらの様々な理由からアスファルト防水を
    屋上防水の改修工事に採用される事が少なくなりました。

雨漏りは屋根からではない!外壁から発生している厄介な雨漏り

標準

雨漏りと言えば屋根からの原因を
真っ先に想像すると思いますが、
案外多いのは外壁からの雨漏りです。

外壁といえばコーキングの切れによる
雨漏りが発生してしまう事は多くありますが、
外壁からの雨漏りでよくある原因といえば
外壁のクラックです。

建物の外壁は、年月が経っていくと
クラックが生じてしまいます。

特にモルタルやコンクリート、
ALCなどはクラックが生じやすい外壁材です。

軽度なヘアクラックでしたら何の問題もありませんが、
問題は厚紙が入ってしまう程のクラックが生じている場合です。

この場合は、明らかに外壁の内側までクラックが
行き渡っているので、間違いなく雨漏りを引き起こしています。

そのようなクラックが発生していて、
壁廻りや天井に掛けて雨漏りが発生している場合は、
ほぼ間違いなく外壁のクラックが原因の雨漏りと言えます。

外壁に明らかなクラックは見受けられる場合は、
クラックの補修を行いましょう。

外壁のクラックは、UやVカットでクラックを
整えてコーキング充填を行います。

その後、既存外壁の色と合わせるように
塗装で補修を行いましょう。

また、この時既存のコーキングの劣化が
始まっている場合は、コーキングの打ち直しをオススメします。

塗装の部分補修はどうしても色合いが目立ってしまうので、
気になる場合は外壁全体を全塗装する事をオススメします。

これで外壁から水が入り込む隙間が
一切無くなりますので、
雨漏りはピタッと止まります。

窓廻りや天井に発生している雨漏りは、
殆どがこの方法で止める事が出来ます。

また、外壁にクラックも見受けられずコーキングの
不具合も屋根の不具合も見受けられないのに
雨漏りを起こしている場合は、
外壁全体を透明の防水材を吹き付けて包んであげると、
雨漏りを止める事が出来ます。

透明の防水材ですので、外壁全体を違和感なく
包み込む事が出来ます。

外壁から間違いなく雨漏りを起こしているはずなのに
原因が掴めない場合は、この防水工法を採用する事が多くあります。

弾性効果があるので、地震が起きても
塗膜がゴムのように伸び、
外壁から雨水を浸透させずに済みます。

雨漏りが発生した際、素人判断で屋根が原因だと
勝手に思い込んで屋根の葺き替えを行うのではなく、
業者に依頼し外壁の点検を行ってもらう事を強くオススメします。
雨漏りは放って置くと建物をむしばんでしまいますので、
必ず業者に依頼して雨漏りをシャットアウトしましょう。
雨漏りを無くすだけで、建物の寿命は想像以上に
長くする事に繋げる事が出来ます。

ドレンを開いて中身を確認してみましょう

標準

まずドレンを開いて中身を確認してみましょう。

ドレンの確認は、上蓋のカバーを外す事で
簡単に覗く事が出来ます。

ゴミなどの詰まりがあれば綺麗に取り除き、
綺麗になった時点でバケツなどで
ドレンに水を流してみましょう。

ドレンに水を流した後に雨染みがあった
天井部分のシミに更に影響が出たら、
ドレンの排水に問題が生じている影響での
雨漏りだという証拠となります。

ドレンの中で行き場を失った雨水の勢いで
排水パイプが破損している場合がありますので、
防水専門業者に点検と修理を依頼しましょう。

1番簡単な修理方法は、改修ドレンという
防水層とドレンの排水部分が一体になった物を
使ってメンテナンスを行う事です。

ドレン廻りの排水状態を簡単に
改善させる事が出来ますので、オススメです。

ドレンによる雨漏りが改善されたら、
傷んだ天井材や断熱材などのメンテナンスも行うようにしましょう。

特に断熱材は1度水分を含むと断熱パワーが
ゼロになってしまいますので、
無用の廃物となってしまいます。

雨水の影響を受けてしまった全ての部分を
新しい物に取り替えるようにし、
断熱効果を高めましょう。

放置しておくと断熱効果だけではなく、
湿気によるカビなどの発生により
アレルギー反応を起こしてしまう事があります。

1度カビを発生させてしまうと
完全に取り除く事が難しくなってしまいますので、
面倒な状態になる前にきちんと修繕を行う様にしましょう。

この際のメンテナンス費用ですが、
お客様が故意的に破損していない場合は
マンションのオーナーの負担となります。

しかし、そのマンションによって負担の所在が変わりますので、
オーナーや不動産屋さんにご相談をしてみると良いでしょう。