屋上防水改修工事の下地処理で目を向けるべきポイント

先頭に固定表示


屋上防水改修工事の際に欠かせない
ポイントと言えば、下地処理です。
下地処理の仕方次第で、改修後の屋上防水の
状態や効果に大きな影響を与えてしまいます。
改修工事の場合は下地の状態が大きな
カギを握りますので、特に重要だという事を
把握するようにしましょう。
屋上防水改修工事の下地処理のポイントについて、
まとめてみました。

  • 下地の凹凸処理
  • 既存屋上防水にフクレなどの凹凸があると、
    その上から新規防水層を施工した際に
    十分な接着力を得る事が出来なくなってしまい、
    防水効果を半減させてしまいます。
    既存の下地は、凹凸が無く平滑な状態に
    しなければいけません。
    フクレなどはカッターで切れ目を入れて平滑にし、
    欠損がある場合は防水モルタルや防水材により平滑にします。

  • 躯体にクラックが入っている場合
  • ヘアクラックであれば問題ありませんが、
    名刺が挟まる位のクラックの溝幅の場合は
    修繕が必要となります。
    放置しておくと新規防水層を破断させ、
    雨漏りへとつなげてしまうので大変危険です。
    クラックはVカット若しくはUカットで綺麗にした上に、
    コーキングを充填し防水効果を高めます。

  • 躯体上のモルタルが浮いている場合
  • 屋上床躯体の上にモルタル塗布を行っている場合、
    何らかの影響で躯体と密着せずに浮いてしまっている事があります。
    躯体からモルタルが浮いている上に新規防水を行うと、
    モルタルが浮いたりクラックを発生させる際の力が
    新規防水層に伝わってしまい、
    防水層が破断してしまう事があります。
    モルタルの浮きはエポキシ樹脂を充填し、
    モルタルと躯体との接着を高めて強固にしましょう。

  • ドレン廻りの下地処理
  • ドレン廻りは不具合が起きやすい部位であり、
    雨漏りに直結してしまう厄介な部位でもあります。
    ドレン廻りの既存防水に不具合がある場合は、
    フクレなどの不具合を綺麗にメンテナンスを行います。
    フクレはカッターを入れて平らにし、
    凹凸は防水モルタルや防水材で平らにします。
    ドレン廻りの既存防水の劣化が著しく酷い場合は、
    既存ドレンの上にかぶせる改修用ドレンを用いて
    雨漏りしにくいドレン廻りにする事をオススメします。
これらのような細かい既存防水層への下地処理は、
業者や職人さんの腕や知識の見せ所と言えます。
綺麗な下地処理を行う事が出来る業者は、
屋上防水の改修工事をスムーズに的確に行ってくれる業者です。
下地なんか関係ない、出来上がりだけが綺麗であれば防水層は大丈夫、
なんていう業者には屋上防水改修工事を依頼しては絶対にいけません。
防水工事 価格」で探すとピンからキリまで出てきますが、
安かろう悪かろうではいけません。
屋上防水は信頼できる専門業者に依頼しましょう。

意外と盲点!ベランダのドレンの不具合は想像以上に恐ろしい

標準

マンションに住まいの方、
ベランダのドレンには目を向けた事ありますか。

ベランダ自体には目を向けているけれど、
ドレンには一切目を向けていないお宅は結構多いようです。

ベランダをお掃除した際にドレンを
ゴミだめにしてしまっているお宅もあるようですが、
そんな事をしていると大変な事になってしまいます。

マンションの場合に良くある不具合と言えば、
天井や壁の雨染みの発生です。
最上階じゃないのに、一体どこから雨が
発生しているのだろうと思われる方も多いと思います。

よく考えてみると、これらの雨染みの近くには
上の階のベランダがある事が多くあります。

上の階のベランダのドレンの不具合により、
天井や壁に雨染みを作っている、
つまり雨漏りを起こしてしまっているのです。

ベランダ自体は、防水自体のメンテナンスは
定期的に行っている傾向があります。

しかし、ベランダ自体の防水効果は
しっかりとしているお宅でも、
盲点になっているのがベランダのドレンです。

ベランダに入り込んだ雨水は、
ドレンを通って排水されます。

しかし、ドレンに不具合があると
排水が不可能となってしまいます。

流れるべき雨水がドレンの中で行き場を無くしてしまい、
オーバーフローを起こしながら防水力が緩い部分から漏水してしまい、
結果的に建物内部に雨漏りを引き起こしてしまいます。

すぐ乾く速乾防水「超速硬化ウレタンスプレー」が向いている方

標準

この様なお客様には、超速硬化ウレタンスプレーが適しています。

  • 短い工期で完璧な防水層を作りたい
  • 屋上防水の複雑な部位の雨漏りを止めたい
  • 余計な臭いを発しない防水工事を行いたい
  •  
  • 防水性が高く品質が良く長持ちする防水材を採用したい
  • 屋上防水改修工事の際に発生する産業廃棄物の削減をしたい


細かい部分に配慮して防水施工を可能とする防水材であり、
理想の防水層をしっかりと作る事が出来る素晴らしい防水材です。
今の防水状態に納得がいかない場合や雨漏りが
止まらない部分があるお宅に、オススメしたい防水材です。

すぐ乾く速乾防水「超速硬化ウレタンスプレー」のメリット

標準

この特徴的な防水工法は、これらの多くのメリットがあります。

  • 複雑な部分にも防水層を作る事が出来る

  • 吹付け防水であり短時間で硬化する特性により、
    勾配部分やR型の防水部位にも均一な塗膜を作る事が出来ます。
    入隅や出隅等の細部の納まり部分に綺麗に吹付が出来るので、
    細かい部分にも均一に防水層を作る事が出来ます。

  • 液体の防水材なのに均一な塗膜を確保できる

  • 複雑な部位に防水が出来る液体防水材は、 
    塗膜の厚みが均一になりにくいのが難点です。
    超速硬化ウレタンスプレーは、
    一般的なウレタン防水のようなレベリング作用が
    ないのと速乾効果により、均一に付着させる事が可能です。
    液体の防水材の難点を払しょくしたのが、
    超速硬化ウレタンスプレーです。

  • システム搭載車の機械システムなので施工効率が高い

  • システムを搭載した機械を車内に積んだものから
    圧送ホースにて現場まで伸ばして防水施工を行います。
    一般的な防水工事のような材料の荷揚げや荷卸しは
    一切ありませんので、施工効率が高くなります。

  • 防水材の品質の安定を確保

  • ウレタン防水の主剤と硬化剤を機械システムで
    コントロールするので、均一な品質の
    ウレタン防水にて専用の吹付ガンにより送り込まれます。
    従来の攪拌機での材料撹拌とは違い、
    均一品質のウレタン防水層を作り上げる事が出来ます。

  • 工期短縮に役立つ

  • たった30秒で指触が出来3分で硬化する防水なので、
    施工したその日のうちに防水層に上っての他の工事が可能となります。
    従来の防水工事の場合は最低でも翌日じゃなければ
    他の工事が出来ないので、この時間の短縮は
    現場にとってとても好条件となります。

  • 天候が気になる時も可能な防水材

  • 雨が降るかもしれない日であっても、
    雨が降っていないうちに超速硬化ウレタンスプレーで
    防水施工を行えばすぐ硬化するので、
    施工1時間後等雨が降っても問題ありません。

  • 防水独特の臭気の発生を少なくさせる事が出来る

  • 超高速硬化の防水材なので、硬化するまで発してしまう
    防水材独特の臭気を少なくさせる事が出来ます。
    ご近所への配慮も少なく済みますので、
    非常に安心して防水工事を行う事が出来る防水材です。

    この素晴らしい防水効果は、屋上防水をはじめ、
    ルーフバルコニー、ベランダ、階段室、共用廊下、
    屋上駐車場、ペントハウス、地下防水などに採用されています。

防水改修工事後に目を向けるべきポイント

標準


屋上防水工事のメンテナンスの終了後は、
これらの部位にも目を向けメンテナンスを行うようにしましょう。

  • 金属部材と防水層の取り合いの不具合
  • 手すりなどの金属部材と防水層の取り合いが不十分な場合は、
    そのまま屋上防水工事のメンテナンスを行っても
    隙間に雨水が入り込んでしまい、
    雨漏りに繋げてしまう事があります。 
    手すりなどの金属部材と防水層の取り合いは、
    コーキング充填し防水力を高めなければいけません。
    意外と盲点な場所ですが、
    雨水が侵入しやすい部位ですので、
    必ず目を向けるようにしましょう。

  • 壁面と防水層との取り合い
  • 壁面と防水層の取り合いは、目地を設けて
    コーキング処理をして納めている事が一般的となっております。
    意外と盲点になりがちな部位ではありますが、
    コーキングが切れてしまうと雨水を建物に侵入させて
    雨漏りになってしまう事があります。
    新規防水工事が完了したら、
    壁との取り合い部分のコーキングの打ち直しも行いましょう。
    屋上防水層そのものからの雨漏りも多くありますが、
    壁との取り合いのコーキング部分からの雨漏りも多くありますので、
    特に気を付けなければいけない部分となります。

    屋上防水改修工事の際はメインの防水工事も大切ですが、
    このような細かい部分に配慮して工事を行うと、
    雨漏りと無縁な屋上防水を作る事が出来ます。
    ただ防水工事を行うだけではなく、
    このような部分にも目を向けて改修工事を行い、
    快適な真の屋上防水を保ちましょう。

すぐ乾く速乾防水「超速硬化ウレタンスプレー」とは

標準

超速硬化ウレタンスプレーとは、
機械化したシステムで無溶剤の
ウレタン樹脂を管理し、
エアスプレーにて吹付ける防水工法です。

文字通り、施工後超高速に硬化する
防水材として、大変注目されている防水工法です。

一般的なウレタン防水は硬化まで
10時間かかるのが一般的であり、
防水工事はそれが当たりまえでした。

しかし、超速硬化ウレタンスプレーは
施工後20秒で指触が可能であり、
3分ほどで硬化します。

すぐ乾くので、その後の工事をスムーズに
進める事が出来る材料であり、
工期短縮を期待できる大変頼もしい防水材です。

シート防水のフクレを発生させない為には

標準

シート防水のフクレを発生させない為には、
これらの事に注意してシート防水工事を行うべきと言えます。

  • 施工前のスラブの乾燥状態の確認
  • 当たり前ですが、防水工事の施工前は
    下地の乾燥状態のチェックが重要となります。
    しかし、現状は乾燥状態を目視観察で判断して
    防水工事を行う事が大半です。
    これでは、確実な乾燥状態の確認とはなりません。
    きちんと水分の状態を確認せずにシート防水の
    施工を行っている事が殆どであり、
    結果シート防水のフクレにつなげています。
    スラブ下地の乾燥状態の確認は、モルタル水分計による
    測定をする事が1番望ましいです。
    シート防水だからこそ、きちんとした根拠で
    乾燥度合いを確認しなければいけません。
    水分計により測定は数分で終わりますので、
    工期に影響を与える事もありません。

  • 脱気筒の設置
  • シート防水は、本来脱気筒を取り付けて外部に
    水蒸気を放散させるのが一般的です。
    しかし、節約の為か脱気筒の配置をせずに
    シート防水を行う事が多く、結果的にフクレを作ってしまい
    多額のメンテナンス費用がかかってしまいます。
    後に発生するメンテナンスの費用を考えたら、
    脱気筒を付ける方がお得となります。
    脱気筒は25~100㎡ごとに配置し、
    防水層の中の水分を外部に放つようにしましょう。
    脱気筒の効果は想像以上に素晴らしく、
    フクレやすいシート防水には必須のアイテムです。

  • シート防水の施工に富んだ業者にお願いする
  • シート防水がフクレやすいのは、施工の際のオープンタイムの
    厳守がされていなく、結果的にフクレを作ってしまう事が多くあります。
    その多くは、シート防水施工の経験不足の職人さんによる施工です。
    シート防水は、シート防水に慣れた業者に依頼するようにしましょう。
    シート防水は、扱いを間違えるとすぐに防水効果が半減してしまう防水工法です。

シート防水には、10年の保証が付いている事が殆どです。
新設より10年以内に不具合が起きた場合は、
補償の範囲でメンテナンスを行ってもらう事が出来ます。
シート防水はフクレるともろくなり、
破断して雨漏りに繋げてしまいます。
軽微でもフクレが見受けられ状態がおかしいなと思ったら、
施工した業者さんに依頼してメンテナンスを行ってもらうようにしましょう。


シート防水はなぜフクレてしまうのか

標準

シート防水といえば、よく起きてしまう不具合といえば
防水層のフクレではないでしょうか。

気が付いたらプクプクっとふくれており、
下地との密着力が無くなっています。

やがてシート防水としての効果を無くし、
建物に余計な影響を与えてしまいます。

シート防水は、なぜフクレてしまう事が多いのでしょうか。
シート防水がフクレてしまいやすい原因は、
これらが考えられます。

  • 躯体打設後の水分
  • コンクリートの躯体打設後に防水工事を行う際は、
    まだコンクリート打設の際の水分が完全に抜け切れていません。
    殆どの場合は、その状態の上にシート防水を施工してしまいます。
    コンクリート内部に含まれている蒸発しきれていない水分が、
    シート防水を押し上げてフクレを発生させてしまいます。

  • 雨などの水分が乾燥しきれていない
  • 防水工事を行う前に雨が降り、躯体に浸透してしまった水分が
    蒸発しきれていないうちにシート防水工事を行うと、
    水分がシート防水を押し上げてフクレを発生させてしまいます。

  • シート防水工事の際のオープンタイムの不手際
  • シート防水工事を行う際に、プライマーや接着剤などのオープンタイムが
    万全じゃない場合、溶剤などの水分がシート防水を押し上げて
    フクレを発生させてしまいます。

ほんの些細な理由ばかりですが、このような簡単な理由で
シート防水のフクレを発生させてしまいます。

屋上防水工事のメンテナンスの際、高圧洗浄は必要なのか

標準

従来、屋上防水工事の前には、防水効果を高く発揮する為に
下地を綺麗な状態とする事が鉄則となります。

建物の洗浄で簡単に綺麗にしてくれる
便利なアイテムといえば、高圧洗浄機です。

外壁や屋根の塗装のメンテナンスの際は、
高圧洗浄機を使って綺麗に清掃します。

屋上防水工事のメンテナンスの際も、
高圧洗浄を掛けて綺麗にする事が最善なのでしょうか。

外壁や屋根のメンテナンスの際は
高圧洗浄が適していますが、
屋上防水工事のメンテナンスの際には
高圧洗浄は適していません。

屋上防水工事のメンテナンス前には、
高圧洗浄を掛けてしまうと危険な状態に
発展してしまう場合があります。

その理由は、高圧洗浄の優れた高い水圧により
防水層に余計な圧力を掛けてしまう事があるからです。

屋上防水工事のメンテナンスを行うという事は、
既存の屋上防水の状態に問題がるから行うという事となります。

屋上防水状態が乏しい部分に高圧洗浄を掛けてしまうと、
屋上防水の不具合部分から建物に漏水を起こしてしまう事があります。
建物の中に水分による影響を与えてしまい、
雨漏りのような状態にしてしまいます。

屋上防水に不具合があるのでから
メンテナンスを行うのですから、
高圧洗浄のように高い水圧を
屋上防水メンテナンス部分に当てるのは
ナンセンスと言えます。

屋上防水工事のメンテナンスの際、高圧洗浄をやらない理由は

標準

屋上防水のメンテナンスの際に、
どうして高圧洗浄を行わないのか?
行わないのは手抜きではないか?
と言ってくるお客様がいらっしゃいます。

屋上防水に不具合があるからこそ
高圧洗浄は絶対に行ってはいけない、
という事を覚えておきましょう。

何も考えず高圧洗浄機で
ジャンジャン清掃を行ってしまう業者は、
屋上防水の事を良く解っていない業者と
いう事となります。

屋上防水のメンテナンス以来の際に
高圧洗浄の話が出る業者であれば、
絶対に依頼してはいけません。

屋上防水工事のメンテナンスの際に
清掃を行いたい場合は、
ホースやスポンジを使って
優しく綺麗に清掃する事が
1番望ましい洗浄方法です。

水を使って清掃を行った後は、
十分に乾燥した後に屋上防水の
メンテナンスを行わなければいけません。

また、汚れや既存防水状態が著しく悪い場合は、
絶縁工法で防水のメンテナンスを行います。

絶縁工法は、下地と縁切りをして
新たに防水を作る工法ですので、
既存の防水がいくら汚れていて劣化していても、
縁を切ってかぶせるように防水工事を行うので、問題ありません。

屋上防水のメンテナンスの際は、
一般屋根のメンテナンスとは違い、
高圧洗浄を掛ける事は時と場合によります。

殆どの場合、高圧洗浄機似て清掃を行なう事は無いでしょう。

綺麗にしてメンテナンスを行う事は鉄則ですが、
建物に影響を与えてまで清掃する事は逆効果を
生むという事を覚えておきましょう。

屋上防水のメンテナンスというのは、
捉え方によっては最悪な状態へ導いてしまう事があります。

そんな逆効果な状態にならないよう、
適切な工法で屋上防水のメンテナンスを
行ってくれる業者に依頼するようにしましょう。