屋上防水工事のメンテナンスの際、高圧洗浄は必要なのか

屋上防水工事の高圧洗浄
標準

従来、屋上防水工事の前には、防水効果を高く発揮する為に
下地を綺麗な状態とする事が鉄則となります。

建物の洗浄で簡単に綺麗にしてくれる
便利なアイテムといえば、高圧洗浄機です。

外壁や屋根の塗装のメンテナンスの際は、
高圧洗浄機を使って綺麗に清掃します。

屋上防水工事のメンテナンスの際も、
高圧洗浄を掛けて綺麗にする事が最善なのでしょうか。

外壁や屋根のメンテナンスの際は
高圧洗浄が適していますが、
屋上防水工事のメンテナンスの際には
高圧洗浄は適していません。

屋上防水工事のメンテナンス前には、
高圧洗浄を掛けてしまうと危険な状態に
発展してしまう場合があります。

その理由は、高圧洗浄の優れた高い水圧により
防水層に余計な圧力を掛けてしまう事があるからです。

屋上防水工事のメンテナンスを行うという事は、
既存の屋上防水の状態に問題がるから行うという事となります。

屋上防水状態が乏しい部分に高圧洗浄を掛けてしまうと、
屋上防水の不具合部分から建物に漏水を起こしてしまう事があります。
建物の中に水分による影響を与えてしまい、
雨漏りのような状態にしてしまいます。

屋上防水に不具合があるのでから
メンテナンスを行うのですから、
高圧洗浄のように高い水圧を
屋上防水メンテナンス部分に当てるのは
ナンセンスと言えます。