屋上防水改修工事の下地処理で目を向けるべきポイント

屋上防水改修工事の下地処理
標準


屋上防水改修工事の際に欠かせない
ポイントと言えば、下地処理です。
下地処理の仕方次第で、改修後の屋上防水の
状態や効果に大きな影響を与えてしまいます。
改修工事の場合は下地の状態が大きな
カギを握りますので、特に重要だという事を
把握するようにしましょう。
屋上防水改修工事の下地処理のポイントについて、
まとめてみました。

  • 下地の凹凸処理
  • 既存屋上防水にフクレなどの凹凸があると、
    その上から新規防水層を施工した際に
    十分な接着力を得る事が出来なくなってしまい、
    防水効果を半減させてしまいます。
    既存の下地は、凹凸が無く平滑な状態に
    しなければいけません。
    フクレなどはカッターで切れ目を入れて平滑にし、
    欠損がある場合は防水モルタルや防水材により平滑にします。

  • 躯体にクラックが入っている場合
  • ヘアクラックであれば問題ありませんが、
    名刺が挟まる位のクラックの溝幅の場合は
    修繕が必要となります。
    放置しておくと新規防水層を破断させ、
    雨漏りへとつなげてしまうので大変危険です。
    クラックはVカット若しくはUカットで綺麗にした上に、
    コーキングを充填し防水効果を高めます。

  • 躯体上のモルタルが浮いている場合
  • 屋上床躯体の上にモルタル塗布を行っている場合、
    何らかの影響で躯体と密着せずに浮いてしまっている事があります。
    躯体からモルタルが浮いている上に新規防水を行うと、
    モルタルが浮いたりクラックを発生させる際の力が
    新規防水層に伝わってしまい、
    防水層が破断してしまう事があります。
    モルタルの浮きはエポキシ樹脂を充填し、
    モルタルと躯体との接着を高めて強固にしましょう。

  • ドレン廻りの下地処理
  • ドレン廻りは不具合が起きやすい部位であり、
    雨漏りに直結してしまう厄介な部位でもあります。
    ドレン廻りの既存防水に不具合がある場合は、
    フクレなどの不具合を綺麗にメンテナンスを行います。
    フクレはカッターを入れて平らにし、
    凹凸は防水モルタルや防水材で平らにします。
    ドレン廻りの既存防水の劣化が著しく酷い場合は、
    既存ドレンの上にかぶせる改修用ドレンを用いて
    雨漏りしにくいドレン廻りにする事をオススメします。
これらのような細かい既存防水層への下地処理は、
業者や職人さんの腕や知識の見せ所と言えます。
綺麗な下地処理を行う事が出来る業者は、
屋上防水の改修工事をスムーズに的確に行ってくれる業者です。
下地なんか関係ない、出来上がりだけが綺麗であれば防水層は大丈夫、
なんていう業者には屋上防水改修工事を依頼しては絶対にいけません。
防水工事 価格」で探すとピンからキリまで出てきますが、
安かろう悪かろうではいけません。
屋上防水は信頼できる専門業者に依頼しましょう。