ドレンを開いて中身を確認してみましょう

ドレンを開いて中身を確認
標準

まずドレンを開いて中身を確認してみましょう。

ドレンの確認は、上蓋のカバーを外す事で
簡単に覗く事が出来ます。

ゴミなどの詰まりがあれば綺麗に取り除き、
綺麗になった時点でバケツなどで
ドレンに水を流してみましょう。

ドレンに水を流した後に雨染みがあった
天井部分のシミに更に影響が出たら、
ドレンの排水に問題が生じている影響での
雨漏りだという証拠となります。

ドレンの中で行き場を失った雨水の勢いで
排水パイプが破損している場合がありますので、
防水専門業者に点検と修理を依頼しましょう。

1番簡単な修理方法は、改修ドレンという
防水層とドレンの排水部分が一体になった物を
使ってメンテナンスを行う事です。

ドレン廻りの排水状態を簡単に
改善させる事が出来ますので、オススメです。

ドレンによる雨漏りが改善されたら、
傷んだ天井材や断熱材などのメンテナンスも行うようにしましょう。

特に断熱材は1度水分を含むと断熱パワーが
ゼロになってしまいますので、
無用の廃物となってしまいます。

雨水の影響を受けてしまった全ての部分を
新しい物に取り替えるようにし、
断熱効果を高めましょう。

放置しておくと断熱効果だけではなく、
湿気によるカビなどの発生により
アレルギー反応を起こしてしまう事があります。

1度カビを発生させてしまうと
完全に取り除く事が難しくなってしまいますので、
面倒な状態になる前にきちんと修繕を行う様にしましょう。

この際のメンテナンス費用ですが、
お客様が故意的に破損していない場合は
マンションのオーナーの負担となります。

しかし、そのマンションによって負担の所在が変わりますので、
オーナーや不動産屋さんにご相談をしてみると良いでしょう。

意外と盲点!ベランダのドレンの不具合は想像以上に恐ろしい

ベランダのドレンの不具合
標準

マンションに住まいの方、
ベランダのドレンには目を向けた事ありますか。

ベランダ自体には目を向けているけれど、
ドレンには一切目を向けていないお宅は結構多いようです。

ベランダをお掃除した際にドレンを
ゴミだめにしてしまっているお宅もあるようですが、
そんな事をしていると大変な事になってしまいます。

マンションの場合に良くある不具合と言えば、
天井や壁の雨染みの発生です。
最上階じゃないのに、一体どこから雨が
発生しているのだろうと思われる方も多いと思います。

よく考えてみると、これらの雨染みの近くには
上の階のベランダがある事が多くあります。

上の階のベランダのドレンの不具合により、
天井や壁に雨染みを作っている、
つまり雨漏りを起こしてしまっているのです。

ベランダ自体は、防水自体のメンテナンスは
定期的に行っている傾向があります。

しかし、ベランダ自体の防水効果は
しっかりとしているお宅でも、
盲点になっているのがベランダのドレンです。

ベランダに入り込んだ雨水は、
ドレンを通って排水されます。

しかし、ドレンに不具合があると
排水が不可能となってしまいます。

流れるべき雨水がドレンの中で行き場を無くしてしまい、
オーバーフローを起こしながら防水力が緩い部分から漏水してしまい、
結果的に建物内部に雨漏りを引き起こしてしまいます。