意外と盲点!ベランダのドレンの不具合は想像以上に恐ろしい

ベランダのドレンの不具合
標準

マンションに住まいの方、
ベランダのドレンには目を向けた事ありますか。

ベランダ自体には目を向けているけれど、
ドレンには一切目を向けていないお宅は結構多いようです。

ベランダをお掃除した際にドレンを
ゴミだめにしてしまっているお宅もあるようですが、
そんな事をしていると大変な事になってしまいます。

マンションの場合に良くある不具合と言えば、
天井や壁の雨染みの発生です。
最上階じゃないのに、一体どこから雨が
発生しているのだろうと思われる方も多いと思います。

よく考えてみると、これらの雨染みの近くには
上の階のベランダがある事が多くあります。

上の階のベランダのドレンの不具合により、
天井や壁に雨染みを作っている、
つまり雨漏りを起こしてしまっているのです。

ベランダ自体は、防水自体のメンテナンスは
定期的に行っている傾向があります。

しかし、ベランダ自体の防水効果は
しっかりとしているお宅でも、
盲点になっているのがベランダのドレンです。

ベランダに入り込んだ雨水は、
ドレンを通って排水されます。

しかし、ドレンに不具合があると
排水が不可能となってしまいます。

流れるべき雨水がドレンの中で行き場を無くしてしまい、
オーバーフローを起こしながら防水力が緩い部分から漏水してしまい、
結果的に建物内部に雨漏りを引き起こしてしまいます。