雨漏りは屋根からではない!外壁から発生している厄介な雨漏り

外壁から発生する雨漏り
標準

雨漏りと言えば屋根からの原因を
真っ先に想像すると思いますが、
案外多いのは外壁からの雨漏りです。

外壁といえばコーキングの切れによる
雨漏りが発生してしまう事は多くありますが、
外壁からの雨漏りでよくある原因といえば
外壁のクラックです。

建物の外壁は、年月が経っていくと
クラックが生じてしまいます。

特にモルタルやコンクリート、
ALCなどはクラックが生じやすい外壁材です。

軽度なヘアクラックでしたら何の問題もありませんが、
問題は厚紙が入ってしまう程のクラックが生じている場合です。

この場合は、明らかに外壁の内側までクラックが
行き渡っているので、間違いなく雨漏りを引き起こしています。

そのようなクラックが発生していて、
壁廻りや天井に掛けて雨漏りが発生している場合は、
ほぼ間違いなく外壁のクラックが原因の雨漏りと言えます。

外壁に明らかなクラックは見受けられる場合は、
クラックの補修を行いましょう。

外壁のクラックは、UやVカットでクラックを
整えてコーキング充填を行います。

その後、既存外壁の色と合わせるように
塗装で補修を行いましょう。

また、この時既存のコーキングの劣化が
始まっている場合は、コーキングの打ち直しをオススメします。

塗装の部分補修はどうしても色合いが目立ってしまうので、
気になる場合は外壁全体を全塗装する事をオススメします。

これで外壁から水が入り込む隙間が
一切無くなりますので、
雨漏りはピタッと止まります。

窓廻りや天井に発生している雨漏りは、
殆どがこの方法で止める事が出来ます。

また、外壁にクラックも見受けられずコーキングの
不具合も屋根の不具合も見受けられないのに
雨漏りを起こしている場合は、
外壁全体を透明の防水材を吹き付けて包んであげると、
雨漏りを止める事が出来ます。

透明の防水材ですので、外壁全体を違和感なく
包み込む事が出来ます。

外壁から間違いなく雨漏りを起こしているはずなのに
原因が掴めない場合は、この防水工法を採用する事が多くあります。

弾性効果があるので、地震が起きても
塗膜がゴムのように伸び、
外壁から雨水を浸透させずに済みます。

雨漏りが発生した際、素人判断で屋根が原因だと
勝手に思い込んで屋根の葺き替えを行うのではなく、
業者に依頼し外壁の点検を行ってもらう事を強くオススメします。
雨漏りは放って置くと建物をむしばんでしまいますので、
必ず業者に依頼して雨漏りをシャットアウトしましょう。
雨漏りを無くすだけで、建物の寿命は想像以上に
長くする事に繋げる事が出来ます。