鉄筋コンクリート造の建物の屋上には何故防水工事が必要なのか

鉄筋コンクリート造の建物
標準


屋上防水を行う建物の殆どが、
鉄筋コンクリート造の建物です。

何故、鉄筋コンクリート造の建物の屋上には、
防水工事が必要なのでしょうか。

それは、鉄筋コンクリート独特の素材による影響があります。

鉄筋コンクリートは、水分蒸発の為に
乾燥伸縮を繰り返す素材です。

乾燥収縮を繰り返す事で起きてしまう事といえば、
クラックを生じてしまう事です。

コンクリートはクラック発生を避ける事が
出来ない素材であり、必ずと言っていいほど
漏水を発生させてしまう素材なのです。

漏水を発生させないために鉄筋コンクリート造を
守って効果を発揮してくれるのが、防水です。

鉄筋コンクリートの漏水による影響を与えてしまう
致命的な問題は、この2つが挙げられます。

  • 雨漏りを引き起こす
  • 鉄筋コンクリートにクラックが入る事で、
    建物内部に雨水を浸透させてしまい
    雨漏りを引き起こしてしまいます。
    鉄筋コンクリート造の躯体からの雨漏りは
    非常に多く、内壁や天井などに雨染みとして
    発生させてしまいます。
    建物内部が水分の影響で侵され、
    鉄筋コンクリート造は呼吸しにくい素材ですので、
    カビなど劣悪な状態環境状態にしてしまい
    アレルギーなどを引き起こしてしまいます。

  • 鉄筋コンクリートの構造体に大きな影響を与えてしまう。
  • 鉄筋コンクリートに致命的な影響を与えてしまうのは、
    鉄筋コンクリートの中にある鉄筋への影響です。
    鉄筋コンクリートという素材は、
    文字通り鉄筋とコンクリートの2つの素材により
    強固な素材を作っております。
    この2つの素材には特徴があり、
    鉄筋が引っ張り力、コンクリートが圧縮力に
    非常に富んでいます。
    素材の強さは全く真逆の物であり、
    2つの素材の相乗効果する事でより強い素材としています。
    逆に言うと、2つの内1つが欠けてしまうと
    大変もろく役に立たない素材と変化してしまいます。
    鉄筋は鋼製ですので、水に弱くサビやすい素材です。
    鉄筋コンクリートのクラックにより
    雨水が浸透してしまうと、鉄筋にも浸透してしまい
    サビを発生させてしまいます。
    漏水する事で鉄筋の耐久性が衰えてしまい、
    鉄筋コンクリート造としての耐久性が著しく衰えてしまいます。

この2つの大きな影響を建物に与えてしまわないよう、
屋上防水に1枚の膜を張って建物を守ってくれるのが屋上防水です。

屋上防水を行わないと、建物の寿命は短くなってしまいます。

鉄筋コンクリート造を長持ちさせる為には、
屋上防水が大きなカギを握っているという事となります。

鉄筋コンクリート造には、屋上防水がとても大事です。

きちんとした防水状態を保ち、
強くて快適な鉄筋コンクリート造を維持させましょう。

非露出防水なのに何故防水層が劣化してしまう事があるのか

非露出防水なのに防水層が劣化
標準

非露出防水は、防水層を保護層で覆う事で
防水層を露出させない防水工法です。

保護層でしっかり保護している防水層なのに、
全く劣化しないという訳ではありません。

保護層で覆っているのに、
何故劣化してしまうのでしょうか。

露出している一般的な防水層が劣化する原因は、
紫外線等の太陽光や雨などの外的刺激により
劣化してしまいます。

太陽光等の外的刺激による影響は
保護層が守っているのでないはずなのですが、
残念ながら劣化は避ける事が出来ません。

どのような影響が非露出防水に
影響を与えているのか、
これらの3つの影響が挙げられます。

  • 保護層に発生するクラックから紫外線
  • 保護層はモルタルが殆どであり、
    モルタルは乾燥する事で収縮してしまうので
    クラックが発生してしまいます。
    モルタルにクラックが発生してしまう理由は、
    モルタル特有の水分蒸発による乾燥収縮であり、
    職人さんの手抜きではありません。
    クラックが保護層のモルタルの中まで貫通してしまうと、
    そこから紫外線が入り込んでしまい
    防水層の劣化へと導いてしまいます。

  • 保護層に発生するクラックから雨水侵入
  • 保護層に発生したクラックから雨水が
    防水層に浸透してしまうと、
    雨水の成分が防水層に影響を与えてしまい
    劣化へとつなげてしまいます。
    雨水と保護層のモルタル成分が溶け込むと、
    強いアルカリ性の水に変わってしまいます。
    アスファルト防水は強いアルカリ性の水でも
    影響がありませんが、シート防水や塗膜防水は
    強いアルカリ性の水に弱い傾向があるので、
    防水層の劣化へと導いてしまう事があります。

  • 保護層モルタルの動き
  • 保護層はモルタルが多く、鉄筋が入っていないので
    経年劣化によりヒビが入り、モルタルが断裂してしまい
    動きを生じてしまいます。
    モルタルが動く事で、防水層にも傷をつけてしまう
    劣化へとつなげてしまいます。

このようなモルタル保護層の不具合の影響を
防水層に与えないようにする為には、
モルタル保護層の下地にポリエチレンフィルムを
敷く事で防水層の劣化防止へと導く事が出来ます。

ポリエチレンフォルムとは、
室内や床下などに敷く透明のビニールシートです。

これを、床下に敷く重ね継ぎ手と同じ
ジョイントになるように敷き込み、
その上からモルタルを打設します。

防水層とその上の部分と縁切れをさせる事が出来るので、
非露出防水を長持ちさせる事が出来るようになります。

非露出防水であっても、防水の露出を防いでいる物に
不具合が起きてしまっては、非露出にはなりません。

非露出防水を行う場合は、業者に問い合わせをして
検討してみると良いでしょう。

「かぶせ工法」のデメリットも知っておこう

「かぶせ工法」のデメリット
標準

かぶせ工法による屋上防水改修工事は、
このようなデメリットもあります。

  • 耐震性が乏しくなってしまう
  • 防水層が2重になってしまうので、
    その分防水部分の荷重が重くなってしまいます。
    建物の頭が重くなってしまうのっで、
    耐震性が乏しくなってしまいます。

  • 更に雨漏りが起きてしまうと厄介
  • 防水層が2重になっているので、
    この状態で雨漏りが起きてしまうと
    とても厄介になってしまいます。
    防水層が厚いので、どこで雨漏りを
    起こしているのか把握できなくなってしまいます。
    その場合は、防水層の全てを取り除いて
    対処しなければいけません。

  • 次の防水改修工事は全面撤去で行わなければいけません。
  • 屋上防水改修工事に最適なかぶせ工法ですが、
    行う事が出来るのは1回のみです。
    更に重ねて防水工事を行ってしまうと、
    雨仕舞の点など様々な問題が発生してしまいます。
    次屋上防水改修工事を行う場合は、
    2槽とも全面撤去した上で新規防水を行わなければいけません。

屋上防水改修工事の際に雨仕舞の悪さを考えず
行う事が出来るかぶせ工法は、
屋上防水改修工事にとても適した工法です。

デメリットもありますが、快適な屋上防水改修工事に
してくれる事間違いありません。

マンションや商業ビルの屋上など、
不特定多数の方が使っている建物の場合は、
色んな方への周知徹底が難しい傾向があります。

かぶせ工法は、工事期間中の雨漏りの心配が無いので、
不特定多数の方がご利用する建物の防水工事に非常に適しています。