鉄筋コンクリート造の建物の屋上には何故防水工事が必要なのか

鉄筋コンクリート造の建物
標準


屋上防水を行う建物の殆どが、
鉄筋コンクリート造の建物です。

何故、鉄筋コンクリート造の建物の屋上には、
防水工事が必要なのでしょうか。

それは、鉄筋コンクリート独特の素材による影響があります。

鉄筋コンクリートは、水分蒸発の為に
乾燥伸縮を繰り返す素材です。

乾燥収縮を繰り返す事で起きてしまう事といえば、
クラックを生じてしまう事です。

コンクリートはクラック発生を避ける事が
出来ない素材であり、必ずと言っていいほど
漏水を発生させてしまう素材なのです。

漏水を発生させないために鉄筋コンクリート造を
守って効果を発揮してくれるのが、防水です。

鉄筋コンクリートの漏水による影響を与えてしまう
致命的な問題は、この2つが挙げられます。

  • 雨漏りを引き起こす
  • 鉄筋コンクリートにクラックが入る事で、
    建物内部に雨水を浸透させてしまい
    雨漏りを引き起こしてしまいます。
    鉄筋コンクリート造の躯体からの雨漏りは
    非常に多く、内壁や天井などに雨染みとして
    発生させてしまいます。
    建物内部が水分の影響で侵され、
    鉄筋コンクリート造は呼吸しにくい素材ですので、
    カビなど劣悪な状態環境状態にしてしまい
    アレルギーなどを引き起こしてしまいます。

  • 鉄筋コンクリートの構造体に大きな影響を与えてしまう。
  • 鉄筋コンクリートに致命的な影響を与えてしまうのは、
    鉄筋コンクリートの中にある鉄筋への影響です。
    鉄筋コンクリートという素材は、
    文字通り鉄筋とコンクリートの2つの素材により
    強固な素材を作っております。
    この2つの素材には特徴があり、
    鉄筋が引っ張り力、コンクリートが圧縮力に
    非常に富んでいます。
    素材の強さは全く真逆の物であり、
    2つの素材の相乗効果する事でより強い素材としています。
    逆に言うと、2つの内1つが欠けてしまうと
    大変もろく役に立たない素材と変化してしまいます。
    鉄筋は鋼製ですので、水に弱くサビやすい素材です。
    鉄筋コンクリートのクラックにより
    雨水が浸透してしまうと、鉄筋にも浸透してしまい
    サビを発生させてしまいます。
    漏水する事で鉄筋の耐久性が衰えてしまい、
    鉄筋コンクリート造としての耐久性が著しく衰えてしまいます。

この2つの大きな影響を建物に与えてしまわないよう、
屋上防水に1枚の膜を張って建物を守ってくれるのが屋上防水です。

屋上防水を行わないと、建物の寿命は短くなってしまいます。

鉄筋コンクリート造を長持ちさせる為には、
屋上防水が大きなカギを握っているという事となります。

鉄筋コンクリート造には、屋上防水がとても大事です。

きちんとした防水状態を保ち、
強くて快適な鉄筋コンクリート造を維持させましょう。