1番安い工法が必ずしも最終的にお得になるとは限らない

1番安い工法
標準

防水工事をお安く済ませる為に、
1番お安い工法を希望するお客様がいらっしゃいます。

しかし、屋上防水工事というのは屋上の環境と
防水工法が合致していなければ、せっかくの
防水工事も数年で劣化してしまう事があります。

たった数年で劣化してしまうと、その都度補修に
費用が掛かってしまいますので、お安く済ませた
意味が全くなくなってしまいます。

最低でも10年は持つ防水層を作らなくてはいけませんので、
建物の屋上環境に似合った防水工法で防水工事を行わなければいけません。

また、あまりにも安すぎる防水工事の場合は、
施工の手抜きによる安価な工事費という場合も
ありますので、注意が必要です。

過剰な値引きも手抜きをされる可能性がありますので、
絶対に行う事はオススメ出来ません。

安さも重要ですが、しっかりとした防水層を作る事が
1番の目的という事を、忘れないようにしましょう。