目いっぱい屋上防水を劣化させてから工事を行ってはいけない

屋上防水を劣化
標準

屋上防水を目いっぱい劣化させてから
防水工事を行おうとするお宅がありますが、
目いっぱい劣化してから防水工事を行おうとすると、
防水工事以外の部分の劣化の補修も必要となってしまいます。

余計な劣化が少ないうちに防水工事を行うと、
必要最低限の工事のみで済みます。

防水工事というのは、その段階で
補修等を行う事が鉄則となります。

放置しておけばしておくほど工事金額というのは
上がってしまい、1度劣化してしまった部分は
その後も劣化しやすくなってしまいますので、
常に費用が掛かりやすい建物となってしまいます。

長く費用を掛けないでおきたいのはやまやまですが、
それでは建物がモロくなってしまいます。