メンテナンス期間を大幅に超えてしまったら

メンテナンス期間
標準

問題なのは、このメンテナンス期間を
大幅に超えてしまう事です。

15年や20年等、費用等の問題によって
のびのびになってしまう建物も少なくありません。

メンテナンスタイミングを逃しても
一見何でもないように思えるかもしれませんが、
防水工事のタイミングを超えてしまうと
建物に大きな被害が既に起きている場合があります。

安易に防水工事の時期を間違えてしまう事で、
建物に大きな影響を与えてしまいます。

建物に影響を受けてしまい困るのは、
建物の持ち主、つまりお客様です。

ご自分でご自分の建物を劣化へと導いている
証拠となってしまいますので、良い事とはいえません。

防水工事というのは大きな費用がかかってしまいますが、
その大きな費用によりしっかりとした建物を維持する
事へと繋げる事が出来ます。

一生物の大きなお買い物で得た建物をダメにしてしまうのは、
お客様の捉え方次第と言えます。

適した時期とタイミングで防水工事を行って、
住みやすい建物をキープしていきましょう。

屋上防水を行う適正な時期とは

屋上防水
標準

屋上防水はお客様に見えにくい部位ですので、
なかなか状態が把握できなく不安という方もいらっしゃります。

その為、屋上防水のメンテナンス時期の目安が
知りたいというお客様も、多くいらっしゃいます。

目安の時期さえ把握しておけば、適切なメンテナンスに
繋げる事が出来ますので、安心出来ますよね。

防水工事の時期といえば、およそ10年位が目安と言われています。

分譲マンションの屋上防水のタイミングといえば、
10~12年の間に行っている所が多くあります。
一般の建物も、10~12年を目安に行うと良いでしょう。

もちろん、その前に不具合など気になる場合は、
業者に点検を行ってもらった後に早めの補修と
なってしまう事もあります。

不具合を感じなければ、通常のメンテナンスタイミングで
捉えてOKとなります。