予算を業者に伝える

予算を業者に伝える
標準

屋上防水工事をお金を掛けずに行う為には、
予算を業者に伝える事が第一です。

あとは、工事を行うタイミングさえ間違わなければ、
少ない予算で防水工事を行う事が可能となります。

防水工事というのは、文字通り水を防ぐ部位です。

放置したままで水の被害が建物に浸透してしまうと、
厄介な状態となってしまい補修費用もどんどん
膨れ上がって高上りになってしまいます。

建物への工事というのは1つ1つがお安くはありませんが、
不具合状態を放置しておく事でその1つ1つが大きく
膨れ上がって重篤な状態となってしまいます。

建物に対して大事な事は、末永く建物を使っていく事です。

50年70年と建物が持つように、細かい点検と補修で
お得に長く建物を使っていくようにしましょう。

その為には、お安く最適な防水工事を
行うというのは大きな影響を与えます。

相見積もりを取る

相見積もりを取る
標準

防水工事というのは素人さんに見積もり金額の
相場がわかりにくいので、相見積もりを取る事で
世間の防水工事の相場が把握しやすくなります。

もちろん、相見積もりを取る業者というのは
専門業者じゃなければいけません。

訪問販売など明らかに信用出来ない業者から
相見積もりを取っても、全く意味がありません。

相見積もりを取って確認する事で、
お宅の防水工事の相場を掴むことが
出来理解もしやすくなります。

この際、金額が高い業者とお安い業者が
出てくる事があります。

お安い業者の方に目が行きがちですが、
間違ってもお安い見積書の業者が正論という
訳ではないので、勘違いをしないようにしましょう。

屋上防水工事を行う時期を限定しない

屋上防水工事を行う時期
標準

屋上はお客様にしてみたら使う場所でもないのですが、
なぜか工事をする期間を限定してくるお客様がいます。

工事をする時期を細かく限定してしまうと、
業者の都合もありますので場合によっては
高上りになってしまう事もあります。

施工タイミングは業者とヒザを合わせて相談をし、
互いに都合のいいタイミングに工事を
お願いするようにすると良いでしょう。

目いっぱい屋上防水を劣化させてから工事を行ってはいけない

屋上防水を劣化
標準

屋上防水を目いっぱい劣化させてから
防水工事を行おうとするお宅がありますが、
目いっぱい劣化してから防水工事を行おうとすると、
防水工事以外の部分の劣化の補修も必要となってしまいます。

余計な劣化が少ないうちに防水工事を行うと、
必要最低限の工事のみで済みます。

防水工事というのは、その段階で
補修等を行う事が鉄則となります。

放置しておけばしておくほど工事金額というのは
上がってしまい、1度劣化してしまった部分は
その後も劣化しやすくなってしまいますので、
常に費用が掛かりやすい建物となってしまいます。

長く費用を掛けないでおきたいのはやまやまですが、
それでは建物がモロくなってしまいます。

1番安い工法が必ずしも最終的にお得になるとは限らない

1番安い工法
標準

防水工事をお安く済ませる為に、
1番お安い工法を希望するお客様がいらっしゃいます。

しかし、屋上防水工事というのは屋上の環境と
防水工法が合致していなければ、せっかくの
防水工事も数年で劣化してしまう事があります。

たった数年で劣化してしまうと、その都度補修に
費用が掛かってしまいますので、お安く済ませた
意味が全くなくなってしまいます。

最低でも10年は持つ防水層を作らなくてはいけませんので、
建物の屋上環境に似合った防水工法で防水工事を行わなければいけません。

また、あまりにも安すぎる防水工事の場合は、
施工の手抜きによる安価な工事費という場合も
ありますので、注意が必要です。

過剰な値引きも手抜きをされる可能性がありますので、
絶対に行う事はオススメ出来ません。

安さも重要ですが、しっかりとした防水層を作る事が
1番の目的という事を、忘れないようにしましょう。

屋上防水工事の際に費用をお安くお得に済ませる方法

屋上防水工事の費用
標準

屋上防水工事というのは素人さんには
わかりにくい工事であるがために、
どれ位の費用がかかってしまうのかと
不安になってしまう方も少なく無いと思います。

目に付きにくい部位の工事ですので、
出来ればお安い工事費で済ませたいと
思う方も多いのではないでしょうか。
そこで、屋上防水工事の費用を
安く抑える為のポイントをご紹介致します。


・ご自分が出せる予算をきちんと伝える

業者にしてみれば万度な防水工事をしたいので、
1番理想な防水工事を想定し、かかる全ての
費用を計上して見積もりを作ってきます。

事前にご自分が出せる予算を報告する事で、
業者の方でかかる費用を駆使して予算内で
工事が済むように考えて工事を計画し見積もりを作ってくれます。

出せる費用ははっきりと伝え、ご自分の都合に合わせた
防水工事にしてもらいましょう。

あまりにも予算の数字と現実の数字がかみ合わない場合は
業者の方から助言がありますので、そこで相談をして
どのような工法と金額がふさわしいのかを決めましょう。